Open edX [eucalyptus.2] install step

Open edX [eucalyptus.2] のインストール手順

Hyper-V 上に構築した, Ubuntu 12.04へのインストール手順です。 すごく簡単になっている。

仮想マシンの作成

2 Cores, 4 GBを選択して,ネットワークは外部と通信できるものを指定する。Ubuntu 12.04 Serverをインストール。
動的メモリはOFFにしておきます。

Hyper-VでVSS等を有効にする

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install linux-tools linux-cloud-tools
sudo reboot

再起動後にチェックポイントを作成して,戻れるようにしておくといい。

open edxのインストール

eucalyptus.2の場合,自動インストールでは,インストールできなかったので,手動インストールをする。

インストールに必要なソフトウェアをインストール

sudo apt-get install build-essential software-properties-common python-software-properties curl git-core libxml2-dev libxslt1-dev libfreetype6-dev python-pip python-apt python-dev libxmlsec1-dev swig libmysqlclient-dev
sudo pip install --upgrade pip
sudo pip install --upgrade virtualenv
sudo apt-get install python-dev --upgrade

セットアップツールをgit-hubから取得して必要モジュールのインストール

cd /var/tmp
git clone https://github.com/edx/configuration
cd configuration/
git checkout open-release/eucalyptus.2
sudo pip install -r requirements.txt
sudo pip install setuptools --upgrade
sudo git config --global url."https://".insteadOf git://

設定ファイルの修正をする

/var/tmp/configuration/playbooks/roles/edxapp/defaults/main.yml ファイル内の generic_env_config 項目に LMS_ROOT_URL : "{{ EDXAPP_LMS_ROOT_URL }}" を追記する。

vi /var/tmp/configuration/playbooks/roles/edxapp/defaults/main.yml

/var/tmp/configuration/playbooks/roles/insights/tasks/main.yml ファイル内の102行目を - "compress" から - "compress --force" に変更する。

vi /var/tmp/configuration/playbooks/roles/insights/tasks/main.yml

Open edXをインストール

export OPENEDX_RELEASE=open-release/eucalyptus.2
cd /var/tmp/configuration/playbooks && sudo ansible-playbook -c local ./edx_sandbox.yml -i "localhost,"

export OPENEDX_RELEASE=open-release/eucalyptus.2 がとても重要。これでインストールするバージョンを指定している。

Playbook edx_sandbox finished ... と なれば成功。 そこそこ時間がかかる。

インストールエラーとなる時

  • Insightsのステップでcompress エラーが出る時は, /edx/var/insights/staticfiles/sass/style-application.scss の19行目をコメントアウトする。

リファレンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です