Plone5アドオン開発 – パッケージ作成

Plone5 アドオン開発 – パッケージ作成

mr.bob と bobtemplates.plone を使うことで簡単に初期パッケージを作成することができます.

mr.bobとbobtemplates.ploneをインストール

以下のコマンドでmr.bobとPlone用のbobテンプレートbobtemplates.ploneパッケージをPython環境にインストールします.

pip install mr.bob
pip install bobtemplates.plone

パッケージ作成

ngi.iot.dashboard という名称のパッケージ名で作成します.
開発環境のsrcに移動して,下記のコマンドを入力します.

$ cd {plone5_install_directory}/zinstance/src/
$ mrbob -O ngi.iot.dashboard bobtemplates:plone_addon

コマンドを入力すると,対話形式でパッケージの設定等を行います.

  • Dexterityによる開発か,テーマなのかを聞かれます.今回はDexterityによる開発なのでDexterityを選択しました.
    --> What kind of package would you like to create? Choose between 'Basic', 'Dexterity', and 'Theme'. [Basic]: Dexterity
    --> Content type name [Task]: Dashboard
    --> Author's name [Nagai Takashi]: 
    --> Author's email [ngi644@gmail.com]: 
    --> Author's github username: ngi644
    --> Package description [An add-on for Plone]: 
    --> Plone version [5.0.6]: 
    Generated file structure at {plone5_install_directory}/zinstance/src/ngi.iot.dashboard
    

パッケージのテンプレートができました.

インストール

作成したパッケージをPlone5で利用できるようにします.buildout.cfgのeggs, develop項目に追記します.

develop  =
    src/ngi.iot.dashboard

eggs  =
    ngi.iot.dashboard

記述後,buildiutを実行します.

cd {plone5_install_directory}/zinstance/
./bin/buildout -N

これで利用できるようになりました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です