M1000を使い続けよう。

先日、M1000に代わる機種を探していると書きましたが、データバックアップサービスに代わるものを発見したので、M1000を使い続けようと思う。
SyncMLというデータ同期のオープン規格があり(Wikipediaより)、M1000はこれを使って同期をとるアプリケーションがインストールされています。

サーバーアプリとして、FUNAMBOLというプロジェクトがありました。

これをセットアップすれば何とかなるかも。
勉強も兼ねて、M1000利用続行です。

SyncMLは、昔からあるみたいですが、いろいろと使えそうです。
確か、ERP5も同期に使っていたような気がする。

2件のコメント


  1. 一緒に、研究しましょう…
    是非是非、いれてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です