Windows Mobile 開発再開です。

WM → UIQ → S60 → (Android) とモバイルOSを使ってみた。
この中で、使いやすいのは、WMとS60だった。
その中でも、個人的に開発しやすい(イメージを形にしやすい)のがWMなので、
やっぱりWMでソフト開発を再開します。
たまに、Python S60でモックの作成とかはするけどね。
ちなみに、PythonS60は、APIが優れていて、数行のコードでかなりのことができます。

手始めに、モバイルショットのバージョンアップからです。
モバイルショットでご要望等がありましたらお待ちしております。

Blogged with the Flock Browser

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください