Sednaを使う

XMLデータベースのSednaをインストールしました。 以下、Pythonで使えるようにするまでのインストール手順の覚書。

  1. Sednaのインストール。
    1. 利用するプラットホームのバイナリをダウンロードしてインストール。
      1. http://modis.ispras.ru/sedna/index.html
  2. PythonからSednaを利用するためのAPIをインストール
    1. 僕は、Zope3からも簡単に使いたいと思ったので、zif.sednaを使うことにした。
      1. http://pypi.python.org/pypi/zif.sedna/
      2. easy_install zif.sedna でインストールできます。しかし・・・
    2. プラットホームがWindowsだったので、苦労しました。
      1. 2.1.2項のコマンドをする前に、以下のものをDLしてインストールして置く必要があります。
      2. libxml2-pythonのインストール
        1. 以下のサイトから自分のPythonバージョンのものをDLしてインストールします。
        2. http://users.skynet.be/sbi/libxml-python/
      3. lxmlのインストール
        1. 以下のサイトからwindowsパッケージをDLしてインストール
        2. http://pypi.python.org/pypi/lxml/1.3.4
      4. 2.1.2項のコマンドを実行。
      5. インストール終了。
  3. Sednaの操作
    1. Sedna起動
      1. se_gov
    2. Sedna終了
      1. se_stop
    3. DB作成
      1. se_cdb 作成データベース名
    4. DB削除
      1. se_ddb 削除したいデータベース名
    5. DBの起動
      1. se_sm 起動したいデータベース名
    6. DBの終了
      1. se_smsd 終了したいデータベース名
    7. Sednaターミナル起動
      1. se_term データベース名
    8. Sednaターミナル 基本コマンド
      1. ヘルプ
        1. \?
      2. コミット
        1. \commit
      3. ロールバック
        1. \rollback
      4. 直近のクエリの実行時間
        1. \showtime
      5. ターミナルでの変数のセット
        1. \set
      6. ターミナルでの変数の解放
        1. \unset
      7. ターミナル終了
        1. \quit
  4. Sedna便利ツール
    1. ターミナルで作業をするのは大変とういう方に、GUIのツールがあります。
    2. SednaAdmin
      1. http://sednaadmin.great.ufc.br/
    3. Javaでできているので、適当なところに解凍してSednaAdmin.jarを実行すればよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください