Windows版ZopeのPythonを変更する

Windows版のインストーラでセットアップしたZopeは、Pythonがついています。これは、大変便利なのですが、Pykfとかがセットアップされていないため、Zope日本語版をインストールした時等、不利な面もあります。

これを解決するには、別にPythonをセットアップしておき、そのPythonからZopeを起動すれば解決するのでは?と思い試してみました。

Zopeの起動に別のPythonを指定するのは簡単です。Zopeのインスタンス内のBINフォルダにある、runzope.batとzopeservice.pyを少し書き換えれば完了します。

1.runzope.bat
一行目にある、PYTHON=の部分を、変更したいPython.exeのフルパスを指定します。

2.zopeservice.py
約89行目にある、PYTHONW =の部分を、変更したいpythonw.exeのフルパスを指定します。

これで、起動してみればPythonは変わっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください