Processing でのXML処理

Processing でWeb Serviceを使いXML処理をする際、今までは、proXMLを使っていたけど、これは、encodingをみて読み込んでくれない。そのため、Windows環境でencodingがUTF-8のXMLを読み込むと文字化けをおこしてしまう。

そう、今までは、日本語を扱うようなものを読み込んでいなかったので問題に気づかなかった。 そこで、SAX(http://www.saxproject.org/)を使うことにした。これは、XMLのencodingをみて読み込んでくれるため、問題なく日本語の処理ができる。

SAXは、DOMと違い、イベントで処理をする。最初は、なれなかったが、今回の目的にはSAXの方が向いていた。

Pythonにも、xml.saxがあるようなので今度使ってみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください