Python

土曜日に日帰りですが、深谷へ開発合宿に行ってきました。 今回は、Pythonを使って、Bluetooth機器と通信をするための学習をしました。 ライブラリとして、PyBluezを使いました。 付属のサンプルコードをお手本 […]

PythonのサイトZODBにまつわるものを探していたらこんなのを見つけました。
ZODB 3.8 blob support for Plone 3.x plone.app.blob 1.0a2 おぼえがきでした。
週末にテストしてみよう。 �

Plone3.0.1がリリースされました!
3.0リーリース後、ユーザーの方々が発見したいくつかの問題をクリアしたもののようです。
また、先日、お伝えしたLinguaPlone2.0Alphaは、この・…

先日、iBookにMandriva 2005 Limited
editionをインストールしたのでPythonをインストールしました。
標準では、2.4がインストールされていますが、より新しい2.4.2をインスト繝…

PythonとZopeのバージョンをアップしました。
Pythonを2.4.2にして、Zopeを2.8.3にしました。
これで、Plone2.1がインストールできます。

Windowsでpoファイルを編集するときに注意することは、
エンコード設定をUTF-8にすること。
改行コードをLFとすること。
poファイルをmoファイルに変換するには、msgfmt.pyを利用する。
python msgfmt.py 変換ファイル名.po
とすれば、スクリプトがmoファイルを生成してくれる。
なお、このmsgfmt.pyファイルは、以下のパスに入っている。
{Python_path}\Tools\i18n

UML-tool &
ArchGenXMLを使って、独自のコンテントタイプを作れることはわかった。しかし、標準のViewは、basicviewです。これは、ただ、プロパティ名:値を並べているだけなので見た目があまりよくないです。
View画面を独自デザインで見やすく・リッチに見せたい時は、UML-toolでメソッドを利用します。独自Viewを作成したいクラスでメソッドを追
加し、そのメソッドのステレオタイプに UML-tool &
ArchGenXMLを使って、独自のコンテントタイプを作れることはわかった。しかし、標準のViewは、basicviewです。これは、ただ、プロパティ名:値を並べているだけなので見た目があまりよくないです。
View画面を独自デザインで見やすく・リッチに見せたい時は、UML-toolでメソッドを利用します。独自Viewを作成したいクラスでメソッドを追
加し、そのメソッドのステレオタイプに

ArchGenXMLは、XMIでエクスポートしたUMLのクラスをArcheTypesベースのプロダクト(本当にベース部分です)へ変換を行うPythonプログラムです。
先日、plone.jpの研究会に参加した際、知ることができました。実際、使ってみたところ、初心者にとって、ArcheTypesのことを知るにはとっても便利なツールと思いました。plone研究会でも話しに出ていましたが、Filemakerでカードを作るイメージです。

Windows版のインストーラでセットアップしたZopeは、Pythonがついています。これは、大変便利なのですが、Pykfとかがセットアップされていないため、Zope日本語版をインストールした時等、不利な面もあります。
これを解決するには、別にPythonをセットアップしておき、そのPythonからZopeを起動すれば解決するのでは?と思い試してみました。
Zopeの起動に別のPythonを指定するのは簡単です。Zopeのインスタンス内のBINフォルダにある、runzope.batとzope…

Pythonの開発環境をいろいろと探していたら、BOAというものを見つけました。
そう、BOAって名前、これも蛇の名前なんですね。
さて、早速、Boaをダウンロードしてセットアップを始めます。
Pythonのインストール(僕は、ActivePython2.3.5を使うことにしました。)
JapaneseCodecsのインストール(Python2.4を利用の場合は、必要ないと思います。)
wxPythonをインストール(最新のバージョンはBOAに対応していないため、2.4.2をインストール。Wi…

Python
は標準では、Asciiで認識するため、日本語が記述されたファイルを実行すると、エラーが出てきてしまう。
ファイルの先頭に、明示的に利用する言語を指定することで回避できます。
emacsの場合、 # -*- coding: euc-jp -*-